弓の銀線巻き

弓の銀線を巻きを工房にある弓でさせてもらいました。
銀線はうまく巻かなければ、ずれて隙間が空いてしまったり、ほつれてきてしまったりします。

銀線1

全てとってしまうと、こんな姿です。
この写真ではうまく写ってませんが、銀線の巻き始めのところは丸く、巻き終わりは八角形になっています。

銀線2

ハンダ留めはせずに巻きました。
これを巻く前に何度も巻き始めと巻き終わりを練習しました。程よい力で巻き始め隙間ができないようにピッチリ巻いていきます。結構長く巻くので力を抜かないようにします。手を離してしまったらすぐに緩んでビヨーンとなってしまいます。巻き終わりもきちんと留まっていないと緩んでしまって失敗です。

銀線3

銀線の巻き終わりから糸を巻きます。

銀線4

巻いた糸の上に革を巻きます。
革巻きは革の厚みなど形を作ることに時間がかかってしまいます。ノミの切れ具合が悪いとうまく形成できません。

 戻る