弓の修理

工房で偶然に発見された竿の先端が折れた弓を勉強のために修理しました。
あくまで勉強のためで、修理して使う目的では全くありません。

折れた竿の部分半分を樹脂に埋め、その型ごと斜めにかんなで削ります。平面をだすのは、私にはまだ難しい作業です。
竿の先端はなかったので、新しく接ぎたします。この接ぐ素材を作るのにも何度か失敗。ちゃんと計画し確認をして実行しないとと反省しました。

弓修理写真2

圧着して、型を剥がしました。

弓修理写真4

接ぎたした部分を削って形をだしていきます。

弓修理写真5

水牛の骨でできたチップを接着します。
曲げをつけてから接着したのですが、竿とあわせて着けるのが難しくまた失敗。

弓修理写真7

チップの部分に馬毛をいれる穴を開けます。チップは削るとなんとも言いようのない臭いがしました。

弓修理写真9

 戻る