壊れた楽器6-

ネックを接着しました。いよいよ形になってきました。

remaekvn67

小さなボタンに黒檀リングをつけます。やはりピッタリにあわせていくのが難しいのですが、細々とした作業は嫌いではありません。

remakevnpic60

黒檀リングの形が微妙な形になってしまいました。

remakevn62

エンドピンの穴を埋め直しています。実は二度目です。
一度目は穴を開ける角度を失敗してしまいました。リーマーをまだまだ使いこなすことができていません。

remakevn63

ネックのニスを塗って乾かしてを繰り返します。ボディの色とあうようにニスを重ねていきます。
濃くなってしまうと、どうしよもなくなってしまうので、やや消極的に。この加減がまだよくわかりません。
そして、ぼかしの作り方、加減もまだ理解できていませんし、もっと観察もしないといけないと思いました。

remakevn64

オーバーザッテルの形をつくります。
この角度からみたオーバーザッテルのラインがなぜだか好きです。

remakevn65

魂柱をたてます。
親方がいつも簡単そうに立てているのをみていましたが、自分でやると全くうまく立ちません。
エフ孔を傷めてしまいそうだし、立てる位置をエンドピンの穴とエフ孔からのぞきながら魂柱をいれていくのも、どのくらいの力加減で押して引けばいいのか、接着面の角度をぴったりにあわせるのも難しいですし、苦労しました。(写真の表情は意外と穏やかですが…)

remakevn66

最後に磨きます。
これにも技術が必要で、この写真ではわかりませんが、親方が磨いたところと私が磨いたところには違いがみえます。
音は、音量があり素直な音に感じました。とてもいい音です。

 戻る