壊れた楽器5-指板・ネック-

remakevn51

ご覧の通り、このペグボックスの側面は大失敗。薄くしすぎて修正もきかずどうにもなりませんでした。
消極的に作成していくのが重要なポイントだと忘れていました。1年が経ち、少し調子にのっているようで。。。常に初心を忘れないように心がけます。

remakevn52

指板の裏を接着面のギリギリまで、こんな形に彫ります。
テールピースの裏を彫る作業と似ているので、形を気にしつつ順調に削ることができました。

remakevn53

ネックと指板を接着します。おおまかに成形したオーバーザッテルも接着します。
ネックの裏を成形する前だと、比較的簡単に圧着することができます。
ペグ穴も裏を成形する前に開けました。これも穴を開けるときに固定しやすいからです。

remakevn54

ネックとボディの接着面を仕上げます。こういう接着面をぴったりあわせるのは細かい作業で道具を使う技術も必要です。平面をつくるのは単純なようで意外に難しいです。まだまだ道具をうまく使いこなすには時間がかかります。

remakevn55

おおまかにネックの裏を削っていきます。大きく削るのは気持ちがいいのですが、調子にのりやすいような。
やはりどんな作業も慢心注意です。

remakevn56

つるっと仕上がりました。

remakevn57

 

 戻る