作業マット製作

 
シュルツ(エプロン)作成後、ひき続きミシンを使って作業用マットの作成です。
現在使っているマットと同じ布を購入することができず、これを機に新しいバージョンのマットを作成することになりました。
(カントゥーシャ氏の工房で使われていた色、型を参考にしました)

シュルツ作成中


チェロ用の大判サイズも作成。

下糸がゆるんでいたのを、私はこういうものだと思って作業を進めていましたが、実はボビンの入れ方が間違っていました。
不調には原因がある。初心を忘れず、シンプルなことにも疑問を持つ。先入観?は邪魔にしかならないことが多いかもしれません。

作業マット


 戻る