豆ガンナの調整

真鍮でできた豆ガンナの分厚い側面をヤスリで削ります。木材を狙って削れるよう、握りやすく手にフィットしやすく、そして軽くするために削ります。真鍮は錆びやすいですが、やわらかく加工しやすいのが特徴です。比較的加工しやすいとはいえ、コツコツと削る作業はなかなか時間がかかります。が、仕上がった時、自分の手でつくったもの(イチからではなく、加工もです)は、とてもいとおしく、かわいく思えます。

豆ガンナ写真1

刃の下に木材をいれます。刃に角度をつけるため、刃を安定させるためです。

豆ガンナ写真2

奥にあるのは加工前、手前が今回加工したものです。

豆ガンナ写真

バフをかけてピカピカになりました。  豆ガンナ写真4

  戻る